7〜8年前に尊敬する方からいただいたアドバイスをいつも意識しています。

それが、

“ものごとは両面から見よ”

今では、私の考え方の根本になっています。

例えば、今回の新型コロナウイルスが引き起こす様々なこと。

世界中が大混乱となり、悪い面ばかりが強調されます。
しかし、それは側面でしかない。
では、もう一方の見方は・・・

満員の通勤電車で会社に行かなくても良くなった。
あんなに出張に行かなくても、仕事は回ることがわかった。
週末に予定が無くなって、家族の時間が増えた。
など、よいこともあるよ^^と、
知り合いから聞いております。

私個人のコロナで良かったことは、

毎年春先は、黄砂(に付着する化学物質)や、PM2.5のために
目や、肌が赤くなり、湿疹がでたり、
喉もいがいがするし、鼻の中が切れて鼻血が出たりしておりました。
(検査で花粉症ではないことはわかっています)

それが‼️
今年は中国の工場が操業ストップしたためか、肌荒れも鼻血も全くありませんでした。
(鼻血の出ない春は何年ぶりだろうか・・・楽だったな〜〜)
関連性は証明は出来ないけれど、
見た目でも空がキレイな日が多かったので、確実ではないかと思っています。

皆さんもコロナで良かったことって、あるかな???
良かったらコメントに書いてシェアしてくださいね‼️

尊敬する師は
ものごとは必ず2つの側面を持っている。
いつも、両方から物事をみていく客観性を持つとよい。
と教えてくださった。

例えば、
病もそう。

病気は痛くて、辛くて、怖くて・・・いいことなんかないように思える。
でも、見方を変えると、

無理しすぎてないか? 体に負担をかけすぎていないか? 
ストレスがかかりすぎていないか? など、

立ち止まって考え直し、生活や考え方を見つめ直すチャンスをもらった
と、考えることはできないだろうか?

そして、
病気になったからこそ、健康のありがたみを実感できるのではないでしょうか?

今、コロナで苦しんでいる方も多いと思います。
でも、私は思うんです。

コロナのお陰で、

気軽にお出掛けして、お食事したり、
エンターテイメントを楽しんだり、旅行したりなどの
今までの日常がどんなにありがたいものだったかを、しみじみ思う。

コロナがなかったら、
“当たり前だった日常” をありがたがるなんて、なかったね。

それを気付かせてくれたコロナさん、
なんだよね。
だから、悪いだけじゃないんだよね。

1日も早く日常が戻って来ますように。
自分で出来ることをやっていこう。
家にいよう。