豊かな愛のあふれるあなたへ

春の陽気はあっという間に過ぎ去って、
もう夏日とか・・・半袖でもいいくらい。
熱中症に気をつけて! とテレビで言ってます。
皆さま気をつけてくださいね。

最近、YouTubeをよく見るのですが、
こんな動画を見つけました!

神戸市にある須磨寺の副住職さんの法話の動画です。
(とてもシュっされた、素敵なお坊さんですね〜〜)
沢山の動画をアップされてて、いろいろ聞くのも良いのですが、

今回ご紹介したいのが、 写経のすすめ の動画です。

この動画では、
新型コロナの非常事態の中でのストレスとの付き合い方を
優しい言葉と語りかけでお話しくださってます。

そして、一番オススメポイントが、
写経という修行を通して、祈りを届けるということ。

写経とは、般若心経を書き写す修行のことで、
書写する事でお経の功徳を得ることができるそうです。

写経が初めての方でも出来るように、
動画にPDFファイルデータがあり、自宅でA4の用紙にプリントアウトできますし、

(須磨寺のHPにも、データが記載されているそうです 
須磨寺HPはこちらから

薄字が印刷されているので、なぞるだけで簡単に写経できるようになっています。
筆でなくてもペンでも良いそうです。
心を込めて、丁寧に1字1字書くだけで良いと。

自宅で書きあげた般若心経を須磨寺に郵送していただくと、
毎朝6時の朝勤行で本尊さまの前に奉納され、祈りの読経を上げて、
写経に込められた祈りの心と、僧侶の祈りの心を重ねて、仏さまにお届けくださるそうです。

私も1日も早いコロナ肺炎の収束を祈りながら、
丁寧に書写させていただき、須磨寺に郵送しました。

私は夫と西国33カ所観音巡礼と四国のお遍路をしているので、
写経は以前からしていました。

とはいえですよ、これまでは
観音詣りに行く前に慌てて書写して、持参しておりました( ; ; )
慌てて書くので、心は全くこもってなかったなぁと大反省。

今回、ゆっくりと時間をとって、
1字1字心を込めて、祈りをこめて書きました。
写経の本来の意味を思い出させていただきました。

不思議と、心もスーッと落ち着いて、不安が少し和らぎました。
書いている時間は、”今”だけに集中することが出来ます。
余計なことを考え始めるけど、その時はすぐに書くことに意識を戻します。
すると、
ざわついた気持ちの奥にある平安に気がつきます。

こればかりは、実際に体験しないとわからないのです。
是非、体感して欲しいです。

写経、オススメします!

今日もお読みくださってありがとうございます。

このブログがお役に立てれば嬉しいです。
素晴らしい1日をお過ごし下さいね。