豊かな愛にあふれるあなたへ

寝室の床を磨くミッションのずっとずっと手前段階、

そもそも床が、モノに占領されていた私。
床を出すことが先でした。

ウチの寝室は、
ベッドと、
夫と私、それぞれの本棚が1竿ずつ、
夫の机、壁面の片方がクローゼットです。

床置きされているモノ達は、
クローゼットから溢れ出た服やバックなどの小物や、
仮置きされたモノでした。

5割減らした本棚同様、
クローゼットも、もう、パンパンに詰め込まれてます( ´Д`)y━・~~
もう、ギチギチ‼️
服が密着しすぎて、窒息しそうなくらいです。
まさに ”3密” の状態。(密集、密着、密閉)

本棚の本を減らすのは

“空間を作り、気を巡らせることは大切で、気持ち良いことである”

と、経験したので、

本棚同様、クローゼットも5割減らして、空間を作ってみることにしました。

クローゼットの中も、
今までの私がいっぱい詰まってました^^

▶︎今は着れないけど、もう少し痩せたら着る予定の服、
 →これがなんと!10着以上ありました( i _ i )

▶︎強烈冷え性だった頃にお世話になった、”冷えとり靴下"
 →引き出し2個分! 
  シルク靴下やシルクレギンス、高価だったから捨てられなかった。

  糖質制限と高タンパク質、サプリメントのお陰で、平熱が36.5° になり、
  靴下の重ねばきは暑すぎて、不要になったのに、とってあったモノ。

▶︎何故か大量にあるヒートテック ”極暖”とか、分厚いモノ・・・
  →これらも、平熱が上がって、冷えがなくなると暑すぎて着なくなった。

▶︎買って1回しか着なかった服
  →着てみたら、首回りがチクチクして、真っ赤になったモノ
   これが最も数多くありました。もう、2度と着ない。

▶︎流行遅れのバック
  →ちょっとしたブランド物だったけど、使いすぎて、くたびれた感じで、
   使うのを躊躇うのに、とってあった。

▶︎20年以上前のカシミアのコート
  →めちゃくちゃ質が良くて、上品だったけど、そんなおしゃれなコートを着て
   出かけるチャンスがなくて、出番はほとんどなかった。 
   肩パッドがっつり入ってて、恥ずかしくて今は着れない。

こうやって、振り返るとわかるのだけれど、

クローゼットの中は着ない服だらけで、

床置きされている服が、現役バリバリの活躍中だった。

私の場合、服はさよならするのに、そんなに心が痛まなかった。
“本たち” は手放せなくて、何度も何度も手にとって熟考したのに、
“服“ は、簡単に処分できた。
全て、捨てました。

本 と 服 と
思い入れが全然違うのは、新鮮な発見でした。

服がどうしても捨てられないとか、
子供の小さい頃の思い出のものが捨てられないとか、
趣味で集めていたモノが手放せないとか、
人それぞれあると思った。

服をさっさと手放すことができた理由は、

現在の私の場合、
服には、”快適さ” が1番必要。

白髪染めアレルギーから、頭皮だけでなく顔や体がボロボロになって、
その後遺症というか、皮膚がものすごく過敏になりました。
そのため、
デザイン云々よりも、肌に当たって痒くならないとか、
刺激を与えない服しか、着ることができなくなりました。

そのように体調が変化しているのにも関わらず、
クローゼットの中は昔の私のまま。

私自身は、進化し続けているのに、
昔のままの服はじーっと時が止まったままでそこにいる。

今の私に相応しくないと、
直感ですぐにわかったので、
速攻で捨てることができたようです。

コチラ、今日のクローゼットです。

どの服も、カバンも、小物も、
“今” 着るもの、使うモノばかり。

体は一つ。 そんなに数はいらない。

改めて眺めてみたら、
隙間、空間がもっと欲しいなぁ・・・
でも、床置きはしなくて良くて、全部がクローゼットに収まってるから、
良しとしよう。

お読みくださって、ありがとうございます。
今日も平安無事でありますように。