こんにちわ グレイズのZephyr ぜふぁーです。

グレイズとは
白髪染めをしない(グレイヘア)の女性のことです。

私はアラフィフですが 白髪染めが出来ません。
酷いかぶれが原因で、染めたくても染めることが出来なくなりました。
初めての方は こちらからお読みください

このブログは グレイヘアだけど へこたれない!
若々しく元気に生きるための情報をお届けしています。

甘いものが辞められない!

私が以前(3年くらい前)に、初めて糖質制限に挑戦した時、
1ヶ月もしないうちに、失敗・挫折してしまいました。

その後、栄養のことをいろいろ知った上で、
糖質制限に再チャレンジ!

すると、ストレスもほとんど無く(ゼロではないです^^;)
糖質制限出来ています。
(2018年秋時点で、1年継続中)

私の場合ですが、
成功の鍵は、ズバリ!”甘いもの対策” でした。

“甘いもの”の誘惑、”甘いもの”の呪縛・・・
いや”甘いもの”の中毒だな。
私はアラフィフ、半世紀近く生きてきて、甘いものの中毒に
なっていたようです。

実際、砂糖はマイルドドラッグとも、呼ばれているそうです。
この本を読んで知りました。

脱シュガー宣言! 白澤卓二 著 実業之日本社

『マイルドドラッグ・砂糖』 で検索かけてもたくさんヒットしますよ。

甘いもの中毒

マイルドドラッグとは
覚せい剤よりは脳への依存、刺激は少ないが、規制も規律もなく、
中毒性のある食べ物や飲み物という事です。
精製度が高い 『砂糖』『塩』『油』『うま味調味料』などが、
脳に快楽を与えて中毒のような常習性を持つらしいです。
具体的には
白砂糖・グラニュー糖を使ったお菓子や
ジャンクフード、カップ麺などです。

確かに、時折無性に食べたくなったり、
お腹一杯でも食べたくなったり、止まらなくなったりしますね。
そう言われると、ドラッグっぽいと、言えるかも・・・

私はタバコは全く吸わないのですが、
実家の父がチェーンスモーカーでした。
過去形なのは、60代半ばで心筋梗塞になり、
医者から”禁煙しないと治療しない” と脅されて(笑)
禁煙しました。
おかげさまで、病気はよくなって元気になって、
タバコも辞めていたんです。
でも、3年ぐらい経って、体調も良かったのか
いつのまにか、また吸い始めたんです(;_;)
もちろん! 医者からは毎回怒られてます!!
でも、辞められないんですね・・・
今は家族に隠れて吸ってるようです。
見つかると怒られますから・・・子供かっo(`ω´ )o
父は完全に中毒なんだと思います。タバコ中毒。

私の場合は・・・
コレが甘いものだったようです。
甘いものは嗜好品として、少しだけ食べるのであれば、
何の問題もない、いえいえ、
食生活に彩りを与えるステキな食べ物ですよね。

嗜好品とは
栄養分として直接必要ではないが,
人間の味覚,触覚,嗅覚,視覚などに快感を与える食料,飲料の総称。
茶,コーヒー,たばこ,酒,漬物,清涼飲料,氷などがこれで,
有機酸,カフェイン,タンニン酸,コカイン,アルコール,
苦味物質,揮発油成分を含むものが多い。広い意味では菓子類も含む。

嗜好品は栄養分として直接必要ない・・・だそうです。

栄養分として直接必要のないものを
私は大量に摂っていたんですよね。毎日毎日。
それも長年・・・子供の頃からついこの前まで。

栄養のないものを大量に摂れば、お腹が膨れて
実際に必要な栄養を摂る余裕がなくりますね。

実際、甘いものやパンだけで、食事はおしまい
なんてことを、しょっ中やってました>_< また、食事の後に別腹とか言って、 (別腹なんてありません!)デザート食べちゃったり、 明らかに食べすぎでしょと、 わかっちゃいるけど辞められない(;_;)

甘いもの中毒から抜けられる!!

しかし
体調が優れず、アレルギーに悩まされ、
仕方なく始めた糖質制限から、栄養のことを学ぶと、
甘いものが辞められない理由がはっきりしてきました。

一つは、エネルギー代謝の滞りから、効率が悪くても
糖質をメインエンジンとして回すため。
詳しくはこちらをお読みください。

二つ目はやっぱり鉄不足。
甘いものが欲しくなる原因の1つとして、「セロトニン不足」も考えられます。
セロトニンを作る補酵素が鉄であることです。(セロトニンを作る材料はタンパク質)
コレもこちらに書いています

セロトニンは心の安定に役立つホルモンで、
このセロトニンが減ってしまうと、鬱っぽくなる、不眠などの不調が出ると言われています。
その不調の中に「甘いものが食べたくなる」症状も含まれてきます。

なぜ、甘いものが食べたくなるのか?
セロトニンと甘いものは、血糖値が関係しています。
甘いものを食べると血糖値が急上昇し、身体の中では一時的にセロトニンが分泌されます。
セロトニンが分泌されると「落ち着く気分・満足感」など、不思議と幸せな気持ちになれるのです。
甘いものを食べればセロトニンが補える!と、身体が学習し、
不足したセロトニンを補おうと、甘いものを食べさせようとしているということです。
甘いものが食べたくなる一連の流れをまとめると
セロトニン不足

身体がセロトニンを補おうとする

甘いものが食べろ!と命令する

甘いものが食べたくなる

甘いものが辞められないのは
意思の問題ではなく、
身体が(仕方なく)欲しがっているからなんです。

甘いもの中毒を脱した私

私の体験に戻ります。
鉄分やタンパク質を充分に取りながらの、
糖質制限は、辛くないです。
甘いものが食べたくって仕方ない!
ダメとわかってるのに食べてまう! ってことは、
一度もありませんヽ(;▽;)ノ

そりゃ、永年の甘い物好きですから、
たまに食べたくなります。
でも、ブレーキがちゃんと働いて
ちょっとで満足できます。
嗜好品として楽しめています(笑)

それから
頭がスッキリはっきりしてきたんです。
以前はもや〜っと霞がかかったような、
頭だけでなく、体もキレが悪いというか、
そんな、何とも言えない不調がなくなりましたね。
糖質制限なのか、栄養状態が整ってきたのか、
どちらかはわかりません。
多分、両方なんだと思う今日この頃です。

今日もお読みくださりありがとうございます。