白髪を受け入れられないので

”白髪が嫌や”という事を
受け入れたワタクシは

世の中にある
カラー剤を片っ端から調べました

ます
ジアミン化合物の入ってるいわゆるカラーリングは
確実にアレルギーが出るので
全て×

マニキュアもパッチテストで×

残るはカラートリートメント

これはものすごく種類が多いのですが

パラペンアレルギーの私が使える
パラペンフリーの製品が4種類ほどありました

ひとつずつ取り寄せて試してみるも
2~3回は大丈夫なのですが
大体4回目には かぶれが出てしまいました

かぶれが出ては
薬(ステロイド)で治療して 
なおったら またチャレンジ

何回繰り返したかなぁ?

とうとうかぶれが
頭皮だけでなく顔や体にまで広がり
手持ちの薬では
押さえきれなくなったので
皮膚科に駆け込んだのが 46歳の誕生日前

また 強いステロイドで治療
治療といっても 症状を抑え込むだけ
表面を落ち着かせるだけなんです
自分でわかっていました

皮膚科での治療の後で

何度これを繰り返すんだろうか
つくづく自分が嫌になります
往生際悪すぎですけど

たまたま 女医さんだったので
今までの経緯をとても理解してくださったのが
せめてもの救い

”皮膚のことを考えると これ以上は無理なんだけど
白髪になりたく無いという 女性としての気持ちを考えると
髪染めをやめろとは言えない“

と しみじみ仰ってくださいました
診察室で涙が溢れました

そこの女医さんが
アクセーヌという
百貨店でも扱いのあるブランドの
髪染めを紹介してもらいました

この髪染め剤は
皮膚科で紹介されないと買うことが出来ません
一般発売もされていないです
皮膚科の診察でパッチテストをして
ドクターのOKが出たら
購入できるというものです
ドクター曰く
“これでダメだったら諦めなさい”
この言葉ずしっときたなぁ・・・

まず かぶれの治療をして
2週間後にパッチテスト
(腕の内側でしました)

しかし
パッチテストでアウト❌
見事なくらいのアレルギー反応

もう本当にダメなんだと
堪忍しました

さすがにこれ以上は・・・

さすがにこれ以上
頭皮と顔とカラダを傷つけることは
出来ません

”もう やめてくれ~”
”これ以上 何も塗らんといてくれ~~”
”皮膚だけじゃないぞ~ 内臓も悲鳴あげてるぞ~”

カラダからの 悲痛な叫びが聞こえました

諦めにも近いのですが
強制終了ですね

これ以上無理したら
ほんとにヤバいと感じました
身体はそこまで頑張って耐えてくれました

ココロの変化

じゃぁココロは??

自分にやれることは全てやった
もう
充分やり尽くした
やっと 諦められる

どこか
ホッとする自分がいました
それで やっと
白髪染めをやめることができました

初めに
頭皮がかぶれてから
10年かかりました

やっと 白髪の自分を許せました