このような箱で届きます。

箱から牡蠣を大きめボールに開けます。

流水で水を変えながら、優しく洗います。

初めはこんなに汚い水が出ます。(牡蠣が呼吸する事で出るぬめりです。)

3〜4回水を替えて、洗います。
ひだの間が綺麗になると良いです。

排水溝のネットが、こんなになるほど、汚れが出ます。

これは、牡蠣が生きている証拠です。
スーパーなどで売られているチューブ型の牡蠣(水に浮かんでる)は 真水につけて、わざわざ殺しているのです。
牡蠣はむき身になっても、海水の中では生きて呼吸しています。呼吸しているので分泌物(ぬめり)をドンドン出します。
食べる前によく洗うことで、ぬめりは取れて、しまうのに、
スーパーからの要望で、ぬめりが出るとクレームになるそうで・・・
わざわざ呼吸を止めて、ぬめりが出ない処理をしています。
ましてや、水につけて、ふやけているので、火を入れると縮んでしまいます。
ウチから直送させてもらう牡蠣は、そんな理由で、美味しいです。

洗い終わった牡蠣は、ザルに上げて、水気をきります。
水気が切れたら、下ごしらえ完了です。

良く火を通してお召し上がりください!!

フライ衣をつけて、揚げれば、牡蠣フライ(→一押しです!)
鍋物に入れてもいいし、クリームシチューに入れてもおいしいです。
アヒージョもめっちゃ美味しいです。 白ワインにあいます。
レシピはこちらから

その日に食べる分以外は
トレーなどに並べて、バラバラになるように冷凍します。

凍ったまま、スープや鍋に入れればOKなので、使いやすいです。
2週間以内に食べてください!

以上、生牡蠣の下ごしらえでした!