金髪は攻めるお洒落、銀髪のロマンスグレーは男のロマン…
 
何故に女の白髪はバッシング?
老けて見える?
だらしない?
身だしなみをおろそかにしてる?
とんでもない!
 
昨今のグレイヘアブームをご存知無い?
 
グレイヘアはお洒落女子の飛び切り最強のアイテムなんです。
 
私の目指すお洒落の最終形は
アメリカの85歳の現役モデル、カメルン・デロリフィチエ

View this post on Instagram

Good night

Carmen Dell’Oreficeさん(@carmen_dellorefice)がシェアした投稿 –

グレイヘア大阪オフ会でおなじみの88歳のお洒落マダム、天晴ミツ代さんは彼女を凌駕する勢いです( ゚Д゚)

写真は 右がミツ代さん、左がシェリーさん
是非東西グレイヘア対決を見てみたい♡
 
カルメン・デロリフィチエは15歳の時に、史上最年少でヴォーグの表紙を飾りました。
 
彼女の言葉を少し引用します。
 
周りの人に驚かれるわ
なぜ、精力的に続けられるの?と
その源は情熱(パッション)よ
義務なんかじゃなく
本当にしたいことだから
私は学んだの
「自分の世界は変えられる」と
人生は自由に再構築できるのよ
今でもやり続けているわ
私に終わりはないの
 
彼女の人生のキャリアは85年
そして仕事のキャリアは驚きの70年越え!
私より20歳以上も年長の先輩のなんとも頼もしいお言葉♡
 
「人生は自由に再構築できるのよ!」
カルメンお姉さま、最高にカッコイイ!
 
さあ、パソコンのデリートキーを駆使して、何度でも望む自分に書き換えましょう!
 
時は1976年、晴れて女子大生になった私、キャンパスにはニットのシャツにディオールのスカーフ、そしてヴィトンのバックを持ったニュートラのお姉さま方が闊歩していました。
 
それより遡る事1年、ニュートラを流行らせたJJ創刊の年、1975年、ラジオから流れていたのは、オリビアニュートンジョンのそよ風の誘惑の甘いメロディー、この後彼女がカバーしたカントリーロードのヒットでカントリーウエスタンがちょっとしたブームに。
元々京都はカントリーミュージックが盛んな土地柄。
私は、革のジャケットにスウェードのフレアースカート、バイトを頑張ってやっと手に入れたトニーラマのウェスタンブーツで決めて、カントリーのライブハウス通いをしていました。
 
イーグルスのホテルカリフォルニアのリリースで、ウエストコーストサウンドが日本を席巻した1977年、街にはサーファーカットにプカシェル、タンクトップに巻きパンツのサーファーガールが溢れ、サーフィンもせず恰好だけの丘サーファー、なんて言葉も産まれましたね。
ディスコのチークタイムの定番はつのだ☆ひろのメリージェーン(^_-)-☆
 
さて時代は1980年代へと移り、DCブランドの台頭
BIGI、NICOLE、JUNKO KOSHINO、ISSEY MIYAKE、COMM des GARCONS、Y`s、etc、etc…
私のお気に入りはMOGA、yoshie inaba、CHRISTIAN AUJARD…
 
あの頃お洋服は高かった~学生には高嶺の花で一か月のバイト代があっという間に洋服代に消えて行きました。フロパーでなんか買えないから、バーゲンはいつも黒山の人だかり、お目当てのブランドめがけけデパートの開店前から凄い行列が出来ていましたね。
でも今の安い洋服と違って生地も縫製もとても良く、捨てるのが勿体なくてクローゼットにはあの頃のお洋服が沢山…yoshie inabaのWジョーゼットのスーツは、パーティーの時なんかに重宝したものです。
 
そして1980年代後半いよいよバブル時代の到来…
ワンレン、ボディコン
ピンキー&ダイアンのワンピに連獅子のようなソバージュ、もちろん前髪は鬣(笑)
 
数多のファッション遍歴をたどり(中には消し去りたい過去もあったりして)、満を持して私のグレイヘア時代の始まり始まり…
 
先ずは移行期間を出来るだけ短くしたかったのでベリーショートに、それに合わせてファッションもショートに似合うボーイッシュなモード系に…
黒髪時代には似合わなかった明るめの中間色にもチャレンジ!
特にお気に入りはグレー×赤・黄色
やっぱり永遠に大好きな黒×赤
これからは髪のお手入れも頑張って、艶々のミディアムロングにも挑戦したいな♡
フェミニンなグレイヘアがこれからの私の目標です。
 
グレイヘアになって気づいた事がもう一つ、着物って意外にヘアースタイルを選ばないんだ~って事!シェリーさんのベリーショートもAYUMI部長の夜会巻も「いずれ菖蒲か杜若」どちらもとても着物に似合ってないですか?
 
そして言いたい事がもう一つ!着物って体形を選ばないんだ~( ゚Д゚)
最近の度重なる悪行三昧で現在ベスト体重より10kgオーバーの私(-_-;)
件のyoshie inabaのスーツなんか、スカートのファスナーが見事に右と左に泣き別れ…
(´;ω;`)ウッ…とても着られたもんじゃない😢
でも着物は着付け方次第で、ある程度の体格の差なんて難なくカバーしてくれるのです。着物や帯の色、帯や帯締めの位置、帯揚げの出し方一つで幾らでもすっきり見せてくれる優れものなんです。
 
以前のオフ会で私が着ていたのは母の藍大島です。母は私より10cmも背が低いのですが、着物はそんな体形の差など物ともしないのです。流石に裄の短さは如何ともし難いですが、それほど違和感なく着こなせていたと思うんですが、如何でしたでしょう?
着物ってなんて懐が深いのかしら~と、ますます着物愛がふつふつと湧いてくる今日この頃の私なんです♡
そしてグレイヘアのポテンシャルに至ってはまだまだ計り知れないのです( ゚Д゚)
 
グレイヘアは私のお気に入りのお洒落アイテムの一つ!しかも最強の!   

文責 You