こんばんわ!グレイヘア 大阪の和田です。
今日は朝から出かけておりましたので、この時間の更新です。
さぁ、はりきっていこー!

さて、
前回のブログで、私たちは身体と心と魂でできていると書きました。

これ、どこかの誰かが言ってかどうかは・・・知りません。
ていうか、これが本当なのかどうかもわかりません。
ワタクシ和田の個人的な考えであることを、ご了承ください。
私の経験から、どうもそうらしい・・・
と妄想しておるとご理解くださいませ。

何故、このような見解に至ったのかというとですね、
子供の頃からの虚弱体質をひきずったまま大人になった私は、
何をやっても、中途半端なことになっていました。
すぐに、疲れ果てて寝込んでしまうし、毎月の生理でも寝込む。
寝ても寝ても疲れが取れなくて、
本当に自分は怠け者だなぁと自己嫌悪に陥る毎日。

色んな症状があったので、病院に行くも、
検査をしても悪いところは無いと言われる。
でも、しんどい・・・・

そんな自分の身体をどうすればいいのか、自分なりに
本当に考えました。
20年以上前なので、ネットも無く、片っ端から本を読んだり、
人から勧められる健康食品を試してみたり、
漢方薬を試したりもしたなぁ・・・

どれもこれも、
ある程度は効き目があるんだけど、
決定的なものはなかったなぁ。
それこそ、”だましだまし” ってな感じ。
あるいは、続けるには高価すぎて、お手上げだったこともあったな。

自分の身体だけで無くで、心理的な事も絡んでいるのではないかと、
カウンセリングを受けに心療内科に行ったりもしました。
そこも、思ったほどの効果もなかったんですよね。

だから、
私にとっては、イキイキと活力がみなぎって、元気いっぱい!
という状態を経験したことが無く、
“生きるって、こんなにもしんどいことなのか”
と、真剣に思ってました。

また、当時は祖母(2019年現在95歳!で元気にしてます)が言っていた言葉
“人生はしんどいことばっかりじゃけん、我慢せんにゃいけんのんよ。”
という、”世にも恐ろしい洗脳”(と今は感じますが)を信用しておりました。

そんな状態なので、
パートに出ても、必ず過労とストレスで倒れるので、長続きできなかったのです。
その度に、
“情けないなぁ、自分はなんとつまらないんだろう。 皆、しっかり働いてるのになんで私だけダメなんだろう・・・”
と、自分を否定してばかりでした。

それで、
元気になりたくて、また弱すぎるのは何故なのかを知りたくて、
色んな勉強をしてみたのです。

一番最初は
アロマセラピストの相原由花先生の学校に入り、アロマセラピーを学びました。
ここの学校はめちゃくちゃ厳しくて、毎月の授業の予習復習も大変でしたし、宿題も膨大で
ずっと勉強しないとついていけませんでした。
というのも、その学校は、看護師の資格を持った方が多くて、ある程度の医療知識がある前提で
授業が進んで行きます。 医療知識の無い私は、全く初めて聞く話も多く、
予習の時点からもう、膨大な資料を読まないとついていけなかったんです。
でも、私は身体というものの仕組みを基礎の基礎から学びました。
また、心理の事もたくさん学ばせていただきました。
当時はそれが楽しくて、学生時代よりももっと必死に勉強した1年間でした。
学科と実技の二日がかりの卒業試験をパスして、”プロフェッショナルアロマセラピスト”
の資格を得た時には本当に嬉しかったです。
ここの学校はその上の資格=臨床アロマセラピスト→医療機関で働けるより専門的な資格 がありますが、
私は基礎コースのみ終了しています。

アロマセラピストとして、活動し始めたのですが、
またしてもアレルギーに悩まされることになります。

卒業試験の実技試験に備えて、同期の友人とアロママッサージの
練習をしあいこしてたんです。
来る日も、来る日もオイルマッサージを施術しあいこしていたら・・・
背中やお腹の皮膚が腫れ上がってしまいました。
暫くマッサージを控えて、腫れが引いたとしても再開するとすぐに腫れてしまいます。
皮膚科の診断では接触皮膚炎と言われました。
それでも、アロマセラピストの資格を生かしたくて、マッサージをしていたのですが、
ついに、商売道具の手も荒れてしまい、どうしても続けられなくなったのです。

“またか・・・自分の身体、なんてボロいんだろう・・”

なんだか長くなってしまいました
次に続く