MECのやり方

MEC食とは、肉(Meat)、たまご(Egg)、チーズ(Cheese)をたっぷり食べる食事法
この三品目で1日に必要とされる必須栄養素であるタンパク質、脂質、ミネラル
ビタミンC以外のビタミンが毎日きちんと摂れるそうです

1日、肉200g、卵3個、チーズ120gを摂るのが基本です
肉は、鶏肉でも、豚肉でも何でもOK
卵は高価なものでなくてOK
チーズは、プロセスチーズ モッツァレラ カマンベール等々 お好みのものでOK
とてもシンプルな食事法なのです

そして一口30回、よく噛んで食べる。

食べる順序は、まずはMECから 次に葉もの野菜を少々
それでもまだおなかが空いていたら糖質を多い食品(パン、ごはん、麺類など)を最後に食べる
1日3食にこだわらず、おなかが空いた時に食べて良い(深夜でもOK)

MECは楽チン

糖質を控えるだけでなくシンプルな食事法なので MEC食は楽なのです
調理も焼くだけ 茹でるだけ 蒸すだけなど シンプル
主食を食べないので 味付けも 塩と胡椒を軽くでOK
逆にゴテゴテした複雑な味は 主食あってこそ引き立つことを
MECを始めて気が付いたくらいです
食べるものも決まっているので 迷うこともなく
買い物の時間も短縮されましたよ

それに
スーパーで売っているもので
糖質のないもの・・・・
ごくごく一部です
ほとんどないと言っていいくらい

肉・魚・豆腐・卵・牛乳・チーズ 後は野菜
ねっ シンプルでしょ(笑)

肉、卵、チーズを食べたいだけ食べる。気が向けば葉もの野菜やアボガドを食べる。
肉や卵はそのものが美味しいから、火を通して塩・胡椒だけで美味しく食べられます

MEC食の利点

また
私が抱えていた一番の問題「甘い物が食べたくなる。」頻度が
MEC食で激減しました

おなかが空いたら、とりあえず鶏の唐揚げやチーズなどを食べると
お腹だけでなく気分も満たされる
おかげで 甘い物依存症離脱を妨げる低糖スィーツを食べる頻度がぐっと減った
〈動物性脂質〉と〈動物性タンパク質〉摂取による脱「甘い物依存症」効果は 抜群でした

さらに、MEC食は3つの食品をメインに食べていれば良いので
「どうしても甘い物が食べたくなったら、ハーゲンダッツ・アイスクリーム(糖質約14g~20g)を1個食べたらいいや。」
(MECの考案者 渡辺先生が推奨されています!)
と気楽に考えることもプラスに働きました

MEC食により、空腹感が減り、昼食抜きでも平気になった
おかげで おやつを食べたいとも思わなくなった

MEC食の肉類でエンゲル係数は上がるように思えるが
オージービーフ、USビーフなどを安い時にまとめ買え
さらに惣菜などを買わなくなったので、食費は普通に戻った
野菜を買う量が減ったのと
肉、卵、チーズを使うシンプル料理なので
食品のロスが少なくなった。

MECの問題点

ただ
糖質制限では、食物繊維の摂取を唱っているが
MEC食は食物繊維の多い野菜や果物(ごぼう、キノコ類、バナナなど)こんにゃく 海藻などの摂取を奨励していない
食物繊維が便秘に効くというのも否定的だ
この点については 私は賛成しかねる
実際 便秘になってしまいました(T ^ T)
食物繊維等は取りたいと思っています

MEC食推奨医師の渡辺信幸医師によると

ヒトの胃腸では消化・吸収できない食物繊維を大量に摂取したら便は硬く大きくなり
排便困難を引き起こす
便秘症の人は、かえって詰まってしまう
日本人は痔の多い国民といわれるが、その最大の原因は食物繊維の食べ過ぎだ
排便を促すのは、食物繊維ではなく、〈大腸のぜん動〉だ
こんにゃくは低カロリーで胃が膨らむことから人気だが
食べ過ぎた結果として腸閉塞 腸捻転を起こして病院に担ぎこまれる人が少なくない

渡辺信幸著:野菜中心をやめなさいより抜粋

この本を読んで納得した部分もあるのですが
今後の検討課題です

課題もあるけど
利点も多いMEC食
楽しく続けられました

今日もお読みくださってありがとうございます